73%

何事も73%を目指した雑録。

テープ巻き

これも3月某日。

 

 

地主さんの伐採のお手伝いに行ってきました。

 

ウルシの苗を植えるスペースを広げるためにクルミの木を何本か伐採。

 

 

クルミってウルシより硬いんだねぇ~」

 

と枝打ちしながら同期に話したら、

 

「君の筋肉が落ちただけだよ」

 

と言われました。じーざす。

 

久しぶりの作業でお尻が筋肉痛です。笑

 

f:id:urushioar:20210326194324j:image

 

漆掻きってまぁウルシの木を掻くのが仕事なわけなんですが、そのウルシの木はどこにあるのかっていうと。。。

 

 

わかりません!わからないのです!!

 

 

基本的には、ウルシの木が植わってるところを見つけてきて、そこの地主さんが誰か探し出して、「そのウルシの木、私に掻かせてください」ってお願いして、買い取って掻きます。

 

 

どこかにぼーんとウルシ林があるからそこに行けばいいだけって話ではないんです。

 

探し出さなければいけないんです。

 

このウルシ原木確保は、漆掻きとして生きていくならとても重要なスキル。です。

木がなければ漆は掻けません。

 

しかしまぁ。

県外から移住してきて、どこにあるかもわからない原木を探して、誰かもわからないような私に掻かせてくださいって、かなり難しく、大変なことです。

 

 

ということで、どうにかこうにかご縁のあった地主さんには、できることは協力したい。

私たちのためにさらにウルシを植えてくれるのでなおさらです。

 

 

そして、今年掻かせていただけると決まった木にテープを巻かせていただきます。

 

ちなみに、この仕事を「テープ巻き」と呼びます!←そのまま!

 

超重要な仕事です。

直接お金になるわけではありませんが。

なんせ、ウルシの木を確保できなければ、掻くことすら許されない世界ですから。

 

f:id:urushioar:20210326194334j:image

 

一応、漆掻きの世界では、 テープが巻いてあるウルシの木はもう誰かが掻くと決まっている木ということになっています。

 

本当に古典的な仕事だよなぁ。。。

 

久しぶりに漆掻きっぽいこと書いた?笑

 

 

今年も徐々に始まり始めました。

 

もう早々に心が折れかけてますが、なんとか立て直していきたいと思います。